3.特定求職者雇用開発助成金

お気軽にお電話ください。

TEL 011-211-5550

営業時間 平日 8:15〜17:15(※要予約)

3.特定求職者雇用開発助成金

3特定求職者雇用開発助成金 ★おすすめ

Ⅰ 特定就職困難者コース

高年齢者(60歳以上65歳未満)や障害者などの就職が特に困難な者を、

ハローワークまたは民間の職業紹介事業者等の紹介により、継続して雇用する労働者として雇い入れた事業主に対して助成
※雇用保険一般被保険者として雇い入れ、対象労働者の年齢が65歳以上に達するまで継続して雇用し、
かつ、当該雇用期間が継続して2年以上であることが確実と認められること

支給額

【高年齢者(60~64歳)、母子家庭の母等】
1人あたり60万円(中小企業以外50万円)
短時間労働者(※)は40万円(中小企業以外30万円)

【身体・知的障害者(重度以外)】
1人あたり120万円(中小企業以外50万円)
短時間労働者(※)は80万円 (中小企業以外30万円)

【身体・知的障害者(重度又は45歳以上)、精神障害者】
1人あたり240万円(中小企業以外100万円)
短時間労働者(※)は80万円 (中小企業以外30万円)
(※) 1週間の所定労働時間が20時間以上30時間未満の者(以下同じ)

Ⅱ 生涯現役コース

65歳以上の離職者を、ハローワークまたは民間の職業紹介事業者等の紹介により、

1年以上継続して雇用する労働者として雇い入れた事業主に対して助成
※1週間の所定労働時間が20時間以上の労働者として雇い入れ、1年以上継続して雇用することが確実であると認められること

支給額

1人あたり70万円(中小企業以外60万円)
短時間労働者は50万円(中小企業以外40万円)

Ⅲ 被災者雇用コース

東日本大震災の被災地域における被災離職者等を、ハローワークまたは民間の職業紹介事業者等の紹介により、
1年以上継続して雇用されることが見込まれる労働者として雇い入れた事業主に対して助成
※雇用保険一般被保険者として雇い入れ、1年以上継続して雇用することが見込まれること

支給額

1人あたり60万円(中小企業以外50万円)
短時間労働者は40万円 (中小企業以外30万円)

Ⅳ 発達障害者・難治性疾患患者雇用開発コース

発達障害又は難治性疾患患者をハローワーク又は民間の職業紹介事業者の紹介により、
継続して雇用する労働者として雇入れた事業主に対して助成

※雇用保険一般被保険者として雇い入れ、1年以上継続して雇用することが見込まれること

支給額

1人あたり120万円(中小企業以外50万円)
短時間労働者は80万円 (中小企業以外30万円)

三年以内既卒者等採用定着コース

学校等の既卒者や中退者の応募が可能な新卒求人の申し込み又は募集を行い、初めて雇い入れてから一定期間定着させた事業主に対して助成
※雇用保険一般被保険者として雇い入れ、1年以上継続して雇用することが見込まれること

支給額
①既卒者コース
1年定着後50万円/人(中小企業以外35万円)
2年定着後10万円/人
3年定着後10万円/人
①高校中退者コース
1年定着後60万円/人(中小企業以外40万円)
2年定着後10万円/人
3年定着後10万円/人

Ⅴ 障害者初回雇用コース(ファースト・ステップ)

過去3年間に障害者雇用の経験のない中小企業が、雇用率制度の対象となるような障害者を初めて雇用し、それにより法定雇用率を達成した事業主に対して助成
※支給申請時点で常用労働者数が50~300人の事業主に限る

支給額

120万円

Ⅶ 長期不安定雇用者雇用開発コース

長期にわたり不安定雇用を繰り返す者(※)をハローワーク又は民間の職業紹介事業者等の紹介により正規雇用労働者として雇入れる事業主に助成
※雇い入れ時点で35歳~59歳の者で、過去10年間に5回以上離職又は転職を繰り返しているもの

支給額

1人あたり60万円(中小企業以外50万円)

Ⅷ 生活保護受給者等雇用開発コース

地方公共団体からハローワークに対し就労支援の要請がなされた生活保護受給者等を、ハローワークまたは民間の職業紹介事業者当の紹介により継続して雇用する労働者として雇入れる事業主に対して助成

支給額

1人あたり60万円(中小企業以外50万円)
短時間労働者は40万円 (中小企業以外30万円)

疑問点 疑問点

BLOG

≫新着記事をもっと見る